はた歯科医院ホームページ

無料ブログはココログ

2017年9月26日 (火)

デンタルフロス

そもそも虫歯はどこにできるんでしょうか?

Yru_2


Yrl_2


5歳のお子さんのお口の中です。

奥歯の「歯と歯のあいだ」が虫歯になっています。



虫歯の多くは「歯と歯のあいだ」にできるんです。
「歯と歯のあいだ」を歯ブラシできれいにすることはできません!


そこで登場するのが「デンタルフロス」
「糸ようじ」とか単純に「フロス」とか言ったりもします。

15064145304560


子供用だとこんなかわいいタイプもあります!

「歯と歯のあいだ」をフロスできれいにしましょう!

これは大人も同じ
虫歯予防のためにはフロスが大切です!

2017年8月 9日 (水)

虫歯の原因 ヤクルト編

「飲食回数」のお話の続きです。

前回は食事の回数のお話をしました。

もうひとつ気をつけなければいけないのは
「飲」食回数


飲み物にも気をつけてください。


カウントしなくていいのは「お水」と「沸かしたお茶、麦茶」


「ヤクルト」も「ポカリ」も
1回は1回です。


「ごちそうさま」してすぐ「ヤクルト」飲めば
飲食回数は増えないので
虫歯になりません。


夕食後にお風呂に入って、風呂上りに「ヤクルト」
これは、飲食回数が増えるので
虫歯になります。


同じものを飲んでも
タイミングによって虫歯になったりならなかったりします。

タイミングをうまくコントロールしましょう!
L3072270003010007

2017年8月 7日 (月)

虫歯の原因 おにぎり編

ハミガキが幻想だとしたら

なぜ、虫歯になるのでしょうか?


それは「飲食回数」に問題があるんです。

甘いものに限らず、何か飲食するたびに
歯の表面は溶けていきます。

そして、溶けた歯の表面は
唾液によって修復されます。

ヒトの歯は一日中溶けたり修復されたりを繰り返しているんです。

溶けている時間が長くなると
虫歯の穴があくのです。

話を単純化するために
お子さんの食事がお母さん手作りのおにぎりのみ。と仮定しましょう。

朝昼晩おにぎり2個食べて、おやつに1個食べるとしましょう。
つまり、1日に7個のおにぎりを食べる子がいたとします。


7個のおにぎりを1個にまとめて巨大なおにぎり1個にします。

このジャンボおにぎりを
3回とか4回に分けて食べる子は
飲食回数が少ないので、虫歯になりません。

ところが、6回とか7回とかに分けて食べる子は
飲食回数が多いので、虫歯になるんです。

まったく同じものを食べていても
食べる回数が原因で虫歯になるかどうかが決まる。


お母さん、覚えておいてくださいね!
Download

2017年8月 4日 (金)

ハミガキ

虫歯予防のお話

ほとんどの日本人は「ハミガキ」すれば「虫歯」にならない、と信じています。

いつも診療室でお話しするんですけど
これは、もう大昔の常識!

昭和40年代ごろは、虫歯が発生するメカニズムもわかっていませんでした。

「虫歯」を「ハミガキ」のせいにすると
ほとんどの歯医者にとって、都合がよかったんだろうね(笑)

「ちゃんとなおしたのに、どうしてまた虫歯になるんですか!」
「きちんとハミガキしないからですよ。」
「ちゃんとハミガキしています!」
「磨いていると、磨けているは違うんですよ」ってね。
よくある会話です。

「虫歯」の原因の中で「ハミガキ」の占める割合は
10パーセントくらいです。

世界中の歯医者が毎日見ている現実

「まったくハミガキしていないのに虫歯が1本もない小学生」なんて
ゴロゴロいます(笑)

そうかと思うと、小学校3年生にもなって
毎晩お母さんが仕上げ磨きをしているという・・・虫歯だらけの小学生。

どうですか?

「ハミガキ」きちんとすれば「虫歯」にならないなんて
単なる幻想ですよ!

2017年7月25日 (火)

テスト

テスト投稿