はた歯科医院ホームページ

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

Mundial 2018 Rusia

完全に時期をはずしてしまいましたが(笑)

ワールドカップ総括しておきましょう!



ご存知のようにフランスが2度目のチャンピオンとなりました。
「つまらない」サッカーをするとの批判もありますが
選手たちは納得して「つまらない」サッカーを実践していました。
「優勝するために!」

デシャン監督、お見事でしたね!



そして、クロアチアの躍進もすばらしかった!

選手個々の能力は申し分なかったし
その選手たちが淡々とハードワークするという・・・

国家としてのクロアチアのことは何もわかりませんが
きっと、これが「国民性」なのでしょう。



個人的に一番よかったチームはベルギーです。

こちらも、選手個々の能力は申し分ないし
スペイン人監督の手腕も見事だった。
ただ、準決勝のフランス戦では
フランスがその上を行く堅さ(つまらなさ)を見せたということ・・・
きっとベルギーの選手たちは負けた気がしないんじゃないでしょうか。



残念だったのはスペインですかね・・・

日本の上を行く直前での監督交代!
いやぁ・・びっくりしましたよね。

ただルビアレス会長の毅然とした態度はさすがでした!
大体もめ事のウラには、ペレス会長あり(笑)
ロペテギのレアル就任をフライング発表しちゃあかんやろ・・・

でもね、あんまり国内では
ペレス批判が起こってないような気がする・・・

このあたり、どの国にも
マスコミの闇が存在するってことですかね。

「スペインクラスだと監督変わっても問題ない」なんて言ってる人がいましたが
そんなわけないだろ!(笑)

なかでも一番がっかりしているのは
ダビド・シルバだと思うよ。
予選のシルバはすごかったからね・・・
家族の健康上の問題もあったりして
かなり気持ち入れて臨んだ大会だったと思う。

でも、本大会では全く輝くことはできなかった・・・
完全に役割が変わっちゃってたもんね。
今年32歳・・・残念だな。



ドイツも色々大変だったね

エジルの発言が物議をかもしているようだけど
今後ますますこういう問題は増えるような気がする。

日本にいると移民の問題とか全然わからないけど
相当根が深いんだろうね・・・

人種差別、民族差別・・・
う~ん、なかなか深い問題だよね。



そして、メッシはやはりダメだった・・・
メッシをどう生かすのか?
これが、メッシのいるチームの最大の問題

でもね、クラシコなんかではガッツリ守備もしてましたよ!
もっと、普通に使えばいいと思うよね。

優勝するためなら守備だってするだろ?



あとは、ネイマール
みっともないからそういうことはやめなさい!



写真がないのも寂しいので
3位決定戦から

15331095319251

15331095370832

まぁ、大事なプレーは
だいたいスネ(笑)

15331095236450

試合のあとはこうありたいものですね。



全64試合中62試合見ました!
見てないのは
チュニジアvsパナマ
オーストラリアvs ペルー
たぶん・・・見ないかな(笑)


2018年7月13日 (金)

Día 23

Semifinales 2

イングランドvsクロアチア

もうね、絶対イングランドが勝つと思ってたんですよ・・・

一足先に決勝に進んだフランス同様
堅~いサッカー(つまらないとも言うwww)をして
セットプレーで勝ちきる。

ロシアに来ることができなかったイタリアのよう

早々とまさにセットプレーで先制して
あとは、堅くやってましたよね・・・

でもね、クロアチアって・・・なんなんでしょうね?

15313873628280

なんにもないとこから
急に点が入るんだよね!

それができないから
セットプレーとかカウンターになるんだけどね・・・普通は

ただし、この同点ゴールは
「危険なプレー」でファウルだと思うよ。

イングランドはあまり抗議してなかったけどね。



まさかの3試合連続の延長にはいっても
クロアチアはあまり落ちないんだよなぁ・・・

明らかにコンディションの悪かったラキティッチも
もう一度ギヤが入る!

15313873727181

で、マンジュキッチですよ!
この、ミート力ね!

なんなんだろうね、このメンタルは・・・

延長に入ったらなんとなくPKはイヤだな・・・
とかそういう感じになるじゃん、普通は

クロアチアは油断しないしあせらない
なんか、淡々とやるべきことをやっているという感じがします。



主力選手のほとんどが小学生に上がる前に
内戦を経験しています。

かつてオシムさんはこう言っていました。
「ドーハの悲劇?何が悲劇なんですか?いったい何人死んだんですか?」

う~む、
深いなぁ・・・



日曜日の決勝戦はフランスvsクロアチア

イングランドだったらフランスには勝てないとみていたので
面白くなりそうです!


2018年7月11日 (水)

Día 22

Semifinales 1
フランスvsベルギー

ワールドカップもいよいよあと4試合

このレベルになってくると
くだらないミスのないゲームになります。

ミスが出ないということは
セットプレーで試合が決まるということで・・・

15312869028090

さすが、ガチのフランス
色々用意してきてます!


あとはガッツリ引いて
守りきる!

15312869153991

ペナのすぐ外でアザールとめてるのは
ジルーだからね!

この大会のジルーといい
レアルのベンゼマといい
フランス人センターフォワードは
いつからこんなに守備するようになったんだろ?

昔とはサッカーが変わってきてるってことだよね。


それなりに激しい試合ではあったけど
スペイン語やポルトガル語を話す選手たちがいないので(笑)
キタナイプレーは少なくて
見ていて楽しい試合だった。

15312869244412

アザール、27歳!
大人だから、この顔つき!

マジでしびれる!

2018年7月 9日 (月)

Día 21

4年に一度の楽しみ

ワールドカップ

体力的に一番きついのがこのあたり
もちろん、観戦の話ですよ(笑)

Cuartos 3
スウェーデンvsイングランド

イングランドがスウェーデンに勝つイメージが全くないんだけど
なんでかな?

それにしても今回のイングランドは
フランス同様、ガチで優勝しにきている!

周到に用意されたセットプレーから
マクガイアが先制!

そのあとは
リードしている試合の進め方のお手本

みんな若いんだけどね
ちゃんとわかっている。

日本ではとかく年齢でくくりたがるけど
年齢は関係ないのよ(笑)

そういうものがしみこんでいるかどうか
これは歴史だったり文化だったり・・・

そして、選手の経験値
これにつきるわけです。

後半追加点を奪ったデリアリ
何年も前から見ているような気がしますが
まだ22歳!

イングランド黄金期到来の予感がしますね。

と、そんな若いイングランドの中で
ヘンダーソンが効いてる!

ベテランといってもまだ28歳
ジェラードと一緒にやってた選手ですよ。
ジェラードはもう代表にいないけど
なんか、そういったスピリットみたいなものは
彼が引き継いでいるように思えます。

15310907171890

そして、結局はキーパーですよ!

日本では川島選手がたたかれていますが
彼が最高だから試合に出ていたんであって
つまり、日本全体のキーパーのレベルの問題ですよね。
個人の問題ではない。

年末年始にイギリスを旅行したとき
日本でいう新幹線みたいなのに3回乗ったんですよ。

どの町にも広々とした芝生のグランド(というか広場的な?)
がたくさんあって、子供たちがボールをけったり
ころがったりしていました(ローリングネイマールじゃないよ!笑)

芝生の上で練習することが
キーパーには不可欠だと思います。



Cuartos4
ロシアvsクロアチア
しかし、クロアチアっていうチームは
なんか、軽々と追いつくよね!

チェリシェフのスーパーミドルでロシアが先制したけど
クラマリッチがサクッと追いつく・・・
なんだろうね、このメンタリティ・・・
「逆境に強い」ってことだろうか・・・

15310907262271

延長前半
ヴィダのゴールでさすがに・・・と思ったけど。


15310907381302

あと5分というところで
追いつくロシア!

これ、みんなイエローだぞ、本当は(笑)

それと、決めた選手はブラジル人な
どの国も色々やってるんですよ、強化のためにね。

両チームとも2試合連続のPK戦

勝ったのはスバシッチ!
腿ウラが演技だったらすごくない?!

だってあまりにもあっさりブルサリコ交代したよね
4枚目だっていうのに・・・

まぁともかく
クロアチアは20年ぶりの4強進出!

15310907440483

開催国ロシア
ついに散りました!

すばらしいチームでした!

気になるのはクロアチアのコンディション

デンマーク戦ほどではなかったけど
全体的に重たい感じ・・・

と思ってたら延長に入ったとたんのモドリッチ!
なんじゃそりゃ!?

コンディションいいのか、悪いのか
よくわからん!(笑)



2018年7月 7日 (土)

Día 20

Cuartos 1
ウルグアイvsフランス

試合開始からフルパワーのウルグアイ!

まさにガチでした

そしてフランスはガチで優勝しにきている!
用意された完璧なセットプレーから先制点

後半にもグリーズマンのブレ球で追加点
ウルグアイが2枚変えた直後だっただけに
痛かったわな・・・ウルグアイ

そして、フランスいいねぇ
両センターバックはもとより
やっぱカンテが効いてる!

そしてそして
エムバッペの速さはもはや異次元!
グリーズマンが遅く見えるほど(笑)

ただし、このままだと
この18歳はおかしなことになりますよ!
15309234567920

「ローリング・ネイマール」発動中(笑)

まだまだキレと回転数が足りないね(大笑)

とか言ってる場合じゃなくて!
移籍市場色々あるだろうけど
別のチームに行きなさい!

フランスはウルグアイを下して準決勝進出です。



Cuartos 2
ブラジルvsベルギー

う~ん結局アウベスの不在が痛かったですかね。

この試合に限っては
カゼミーロの出場停止も痛かった。

最近めっきり名前を聞きませんが
ハリルさんは今日のベルギーみたいなことをしたかったんじゃないかな。

でもねぇ・・・
ムリでしょ(笑)

3でも4でもできるディフェンス陣の前に
フェライニ、ビッツェル、シャドリが並んで
両翼がアザールとルカクよ!

そりゃ、堅守速攻だよな!
コンパニーいまいちだったけどな(笑)

でもう一人がデブルイネ!

なんじゃあのシュートは!
・・・
すげぇな、やっぱ



そんで、アザールがもうすごいレベル!

なんとなく評価が低いことが多い気がしますが
今日のアザールは凄かった!
自分自身の価値の高さを証明するようなプレーだった。

1点取られたけど
あれはコウチーニョのパスが神がかってた

ちょっと気になるのは
守りのカードが少ないことぐらいかなぁ・・・

15309234713851

ベルギーがブラジルを下して
準決勝ではフランスと戦います!

2018年7月 6日 (金)

日本代表 総括

2日ほどお休みがありましたが

今晩はいよいよ準決勝!

ここからが本番みたいなもんです!

大会前の予想を大きく覆した日本代表ですが
西野監督の退任が決まったようです。

もう、来年1月にはアジアカップですからね
そこまでは続けてほしかったような気がします。



今大会の一番のポイントは
「香川の使い方」だったように思います。

あらためて香川はいい選手だわ・・・

トップ下に入ると
ほんとにイキイキとしていますね。

もともと狭い場所で受けて、ターンするのが武器なので
その力をいかんなく発揮していたと思います。

もちろんテレビ観戦の範囲だけどね(笑)

ブラジル大会の一つの敗因は
香川をサイドで使ったことだな。

トップ下で躍動する香川を見ていたら
マンU行った時のことを思い出しました。

当時のファーガソン監督は
ルーニーをトップにして
香川をトップ下で、と考えていたそうです。

ところがまさかのファンペルシー獲得!
これでペルシーがトップで、ルーニーがトップ下と・・・
香川のポジションはなくなってしまったのでした。

マンUのトップ下で見てみたかったね!

と、そんなことを思い出すくらい
この大会の香川はよかったと思いますよ。



それと、「代表引退」という言葉がはやってますけど
まったく意味がわからない!(笑)

代表は呼ばれるものなので
行きたくないなら、呼ばれてから理由を添えて辞退すればイイ。

監督が必要と思えば
何歳だろうが関係ないでしょ。

このあたりはもう、キングカズに渇を入れてもらいたい!
だって、カズの目標って
今でも「代表」なんじゃないの?
呼ばれたら、行くでしょ。




あとひとつ2-0が守れないことについて

これはもう、文化というか国民性の問題でしょうね・・・

2-0になって
日本人は「勝てる!」って思っちゃう。

テレビの前で思ったでしょ!

「オイ!勝てるぞっ!」って。

でも、ほんとうはちょっと違う
「このあと守りきれば、勝てる」のな。

だって、試合には相手がいるんだからね。

相手は絶対に点を取りにくるわけよ
それを、「守りきれば」勝てるわけ。

ここでもう一つ日本人の特徴
日本人は「3点目を取って」「楽になりたい」んだな・・・

この考え方がもうとにかくダメ!

最後のコーナーもそうだよね
「取りに」行けば、「取られる」リスクもあるわけよ

なにも、べた引きしろって言ってるわけじゃないですよ。
絶対とられない準備をして
なおかつ少人数で、行くときだけ行けばいいわけよ。
2-0なんだからね!

「楽な」試合なんてあるわけないじゃんね。
「楽」になろうとするから「負ける」んです。

あと20分
耐えて耐えて
守りきるんですよ!

自分(たち)のことばっかり考えて
相手(たち)のことが見えなくなる
これが、日本人の特性ってことですね。

2018年7月 4日 (水)

Día 19

Octavo 7

スウェーデンvsスイス

15306909276920

フォルスベリのシュートは
スイスDFに当たってゴール!

オウンゴールになるかと思ったら
そのままフォルスベリのゴールとなりました。

15306909398441

「決定機の阻止」なのでレッドは妥当

でも、VARするまでもなく
ファウルがあったとして、ペナの外だわな。

ファウルがあったとして、ね。

スウェーデンもスイスも最後までしびれるリーグを突破してきました。

スウェーデンは3試合でスタメンの変更は1回のみ。
スイスもほとんど同じでコスタリカ戦で2人が変わったのみ・・・

両チームとも
疲れていました・・・

ちょっと日本の話をしましょう

色々な意見はあると思いますが
3戦目にメンバーを落として勝ち抜いたことの意味ははかりしれない!

ちょっと柴崎が重かった気はしましたが
前のほうはほぼほぼフレッシュだったもんね。

これも、経験ですね。



スウェーデンは久しぶりのベスト8進出!
1994年の3位以来ですね。

知らない人も多いかもしれないけど
60年前のスウェーデン大会では準優勝してるんです。

きっと国内では
「あのときのチームは・・・」っていってる人がたくさんいそう(笑)



Octavo 8
コロンビアvsイングランド

コロンビアの「わるさ」(笑)が随所に見られた試合でした(笑)

15306932098900

いらんとこで「頭突き」
まぁ、やられたイングランド人もあとでやり返してイエローもらってたけどね(笑)

PKシーンが最高だった(笑)

15306932220511

17番がノールックで「穴掘り」(笑)
さりげな~くやってるつもりなんでしょうが・・・
テレビ中継もVARもあるんだぜ~

15306932305032

さらに、16番が念には念を入れて(笑)
再度「穴掘り」

いいとか、わるいとか言うつもりはありません
ただ、すげぇなと!
大笑いしながらそう思いました。

15306932387043

ハリー・ケイン全く動じず!(笑)
ちなみにこの人老けてますが・・・
24歳です!

日本では若手?の柴崎より1学年下!

このあたりも日本の問題でしょうね・・・

若手を使えって言う人多いけど
いないじゃん?

中島?久保?堂安?
まだまだ守備に難ありすぎるでしょ

このあたりを呼んでたら
こんな大会にはならなかったよ、絶対。



15306932491674

後半アディショナルタイムにコロンビアが追いついて
まさかの延長
そして、PK戦へ

15306932569705

「もう、見ていられない」ペケルマン


15306932641006

そして、最後は
誰が選ばれるのか最後までわからなかったイングランドキーパー

24歳のピックフォードは
自分を選んだことが正しかったと証明して見せました。



準々決勝4は
スウェーデンvsイングランド


そういえば、こんなあるあるご存知でしょうか?
twitterから拾ってきた情報ですが・・・

2010年ペップはバルサの監督 優勝国はスペイン
2014年ペップはバイエルンの監督 優勝国はドイツ
2018年ペップはマンCの監督 ということは・・・

あるのか?

2018年7月 3日 (火)

Día 18

Octavo 5

ブラジルvsメキシコ

15306156844540

誰かコイツに言ってくれ!
「サル芝居はいいから!」

こういうことするヤツは好きじゃない。



メキシコは7大会連続でトーナメント1回戦での敗退となりました。

メキシコは自国開催だった1970年と1986年の2回
ベスト8に進みました。

そして、1994年のアメリカ大会からずっと
4試合目の壁を破れずにいます。

メキシコですらそうなんだよなぁ・・・



Octavo 6
ベルギーvs日本


日本代表にいったい何が起こったのか・・・

この試合を見て思ったのは
良くも悪くも「高校生」みたいなチームだったってことでした。

誰が見ても感じるチームの一体感
これは言わば「このチームでやるのは最後!」って感じでした。
高校サッカーって、もろにそうだよね。

「1試合でも多くこのチームで試合がしたい」
という思いが胸にあるから、誰もサボらない。
最後までハードワークできる。

高校最後の試合に負けたので
そりゃみんなピッチで(グランドで)号泣ですよ!

ということは、西野監督は西野先生だったんだな・・・

ハリルに対する不満やなんかを
聞いてあげてたんだろうね。

そして、選手の中には
「この先生はわかってくれている」という思いが生まれる。

これが「求心力」の正体だったと見た。



そして、試合運びも高校生なみだった。

2-0は逃げ切らなければな・・・
やりようはいろいろあったと思う。

そして、最後のCK
サッカーに正解はありません。
あるのは選択肢だけ。

「とれる」と思ってとりに行って
カウンターでやられてしまった・・・

「とれる」と思っちゃったんだから
仕方ない!

それは「過信」なのかもしれないし
そうではないのかもしれない・・・

「なんで最後キープして延長にしないんだよ?」
「だって、3点目いける気がしたんすよ!」

う~ん、仕方ない
やるのは選手だから。



日本が世界に通用することを
このチームは世界中に示してくれました。

心をひとつにして戦うことで
こんなにも力が出せるのだと。
そして、日本人はそういうことが得意なんだと。



日本サッカーの歴史が変わりました。

この試合そのものが日本サッカーの歴史でした。



ようやく高校生になった日本代表

何年後か何十年後か
必ず大人になって世界をアッと言わせてやろうぜ!


2018年7月 2日 (月)

Día 17

Octavo 3

スペインvs ロシア

開幕前は「史上最弱の開催国」といわれていたロシア
200パーセント出し切って優勝候補と激突です!

15304979602280

ロシアDFのオウンゴールで始まった試合でしたが
ガッツリ守るロシアのブロックの外で
グルグルグルグルボールをまわしているだけ・・・

15304979728781

そうこうしているうちに、ピケのハンドでPK
同点に追いつかれます。

イエロの采配が超守備的だったよね・・・
まぁ、ロシアも時おり鋭い速攻を見せるので
わからんでもないけど

結局最後までコケとブスケツの2枚を外さなかった。
これが敗因!つうか負けてないのか・・・勝てなかった原因!

それと大会を通じてもっともいまいちだったのはシルバ!

やっぱり、監督交代の影響だと思うよ。
予選で最も得点に絡んでたのがシルバだったからね・・・
アセンシオでもイスコでもなくってね。

ちょっとロペテギ前監督のときと比べて
役割が変わってた気がする・・・

それにしてもロシアの17番!
ドンだけ走るねん!
速攻にも顔出すし
プレスバックも怠らない!

右サイドにも左サイドにも顔出して
二人いるんじゃないかっつうくらい(笑)

まぁ、この選手を筆頭に
ロシアは本当にがんばった!
で、なんだかんだで
120分でも決着がつかず
まさかのPK戦

15304979834230

15304979924521

日本の試合の次に堅いと思われていた試合(笑)

まさかのスペイン敗退です!

15304980010332

身長2m(ホセ情報)のフェリペ国王も
ボーゼン・・・

そして、私はだいぶ泣いた(謎)



Octavo 4
クロアチアvsデンマーク

こちらも、まぁクロアチアだろう・・・と思っていたら

15305002036210

まさかのデンマーク先制!
開始1分!

15305002154481

しかし前半4分
クリアがDFにあたる不運もあり、マンジュキッチ同点ゴール!

このときはまさか
このあと120分ゴールがないなんて、夢にも思わなかった!

最初はクロアチアがあえて受けているように見えたんだけど
どう考えても、コンディションが最悪だったよね!
予選リーグとは別人、別のチーム!

とにかく重かったクロアチア・・・

いったい何があったんだ?

それと、デンマークにもう少しシュート力があったら面白かった。
デンマークは日本並みのシュートの下手さだった・・・
とにかくワクにいかない!

それと、中継も各局でだいぶ差がついたね・・・
フジはとにかくひどいなぁ・・・
テレ朝もけっこういいかげん
TBSはだいぶイイかんじ
日テレは・・・よくわからん(笑)

それはそうと
延長後半のあのシーン

15305002567380

「決定機の阻止」でレッドじゃないの?

で、またこのPKを外すかね・・・モドリッチ!

15305002652911

そして、試合はまたしてもPK戦へ

10本中5本失敗!
両キーパーすげぇな!

スバシッチはかなりいいシュートも止めてたし
シュマイケルはあと2本ぐらい止められそうだった・・・

15305002749582

ベスト8に進んだのはクロアチア

準々決勝2でロシアと戦います!



トーナメント1回戦の2日目は
予想外の観戦時間(笑)

みなさん、どうしてます?

2018年7月 1日 (日)

Día 16

Octavo 1
フランスvsアルゼンチン

いったんは逆転したアルゼンチンでしたが

追いつかれ、突き放されてしまいました。

15304300714530

15304300864441

そして、突き放したのは
19歳の新星!

15304300961582

世界中がその異次元の速さに驚いたはず!
キリアン・エムバッペ
1998年12月20日生まれ!
しつこいけど、ウチの三男とタメ!

15304313797241_2

18/19シーズンは何色のユニフォームを着ているんでしょうか・・・?
この後の試合のポルトガルの人の動向しだいだけど

白いユニフォーム着てそうな気がする!


15304301098143

メッシはワールドカップに4度挑みましたが
今回も手が届きませんでした・・・

メッシの取説はなかなか難解ですね!

アルゼンチンにはシャビやイニエスタはいないからね・・・
負けてから思ったんだけど
むしろディバラと一緒にプレーさせたほうがよかったかもね
どっちかというと、メッシがイニエスタ役でね

15304313678680

4年前とは違って
「4年後見てろよ!」って顔ではありません・・・(涙)



Octavo 2
ウルグアイvsポルトガル

15304301198974

カバーニの先制点は見事な顔面シュート!
気迫だよ!気迫!(マジで)

15304301327395

すっかりおじさんになって目立たなくなったペペで同点!
なんか、すっかり毒が抜けましたね
この人は(笑)

速攻からカバーニが決めてウルグアイがリードします。

まぁ、しかしウルグアイはみんなよく走る!

メッシやクリロナと違って
スアレスも前から追っかけまわすし
カバーニは守備に帰ってくる。

14番も17番もサボらない!

ウルグアイ人は基本とても真面目なんだそうです。

ちょっと関係ないかもしれないけど
今日の2試合はどちらもVARがなかったでしょ。

あれね、試合中に完全に休めちゃうのが問題だと思うわけ。

どんなスポーツもたいがいそうなんだけど、
ピッチの大きさとか、試合時間とか
そもそも設定が絶妙なわけよ!

90分間走りきる、ってことは全体無理なわけ(カンテを除いて)
なので、最後の5分間にドラマがやってくる

もう、これ以上一歩も走れないんだけど
走る!

ここに、気力だとかプライドだとかその他もろもろが現れるわけよ!
言っとくけど、技術も現れるからね!

VARは休憩時間だから
最後また行けちゃうわけ。
これではツマンナイ!
ウルグアイもポルトガルも
最後ヘロヘロだったけど
行くんだなぁ・・・これが!

15304313898932

こちらも敗退となってしまいました。

15304314003213

この夏の移籍市場はとにかくこの人しだいですね。

なんかね・・・
ポルトガルに戻るような気がするんですよ・・・
この人ってすごくいろいろ誤解されているような気がするんだなぁ。
スポルティングに戻ったら
なんか、かっこよくない?

2008年以来バロンドールを独占してきた二人が消え
準々決勝1は
ウルグアイvsフランス となりました。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »